ブログ

アイランドキッチンについて

アイランドキッチン

アイランドキッチンとは、キッチンを壁面から離れた独立した場所に島のように設置されたキッチンのことです。対面キッチンの中のひとつでおしゃれなデザインや開放感があることで人気のキッチンです。

アイランドキッチンメリット

開放感がある:アイランドキッチンは壁から離れて独立しており、リビングやダイニングに向かってキッチンがあるので調理しているときもリビングとの一体感を感じることができます。キッチン空間の主役となっているので空間デザインを考える上でもキッチンが大きな役割を果たすのがアイランドキッチンの魅力です。

おしゃれな空間:アイランドキッチンにあこがれている人は、そのおしゃれなデザイン性に魅力を感じているでしょう。それぞれ特徴的なデザインのキッチンがあります。

複数人で料理ができます:アイランドキッチンはキッチンの四方全てから調理や配膳を行えるので複数の人で調理する時に便利です。家族で一緒に調理したい場合やホームパーティーが好きな方にはおすすめです。

コミュニケーションが取りやすい:キッチンの対面に遮る物がないのでリビングルームにいる家族や来客と調理しながらコミュニケーションを取ることができます。小さいこどもさんがおられる家庭でも調理をしながら様子をかくにんできるため安心ですね。また、洗い物をしながらリビングの様子も確認することができます。

アイランドキッチンデメリット

間取りに制限がある:アイランドキッチンはキッチンスペースとその周辺の通路の幅を確保する必要があるので部屋の間取りによっては設置の制限が出てくる可能性があります。アイランドキッチンを設置すると予想以上に狭くなってしまったということにはならないように設置後のスペースをきちんと意識しておきましょう。

キッチンが丸見え:開放感があるということは、キッチンが丸見えになるkとおです。キッチンの上に物が散乱しているのを来客の目に触れたくない場合は常に整理整頓が必要になります。

収納スペースが少ない:アイランドキッチンは壁から離れて設置されるため、壁面を利用した収納スペースが限られます。アイランドキッチンで収納スペースを確保したい片は吊り戸棚やカップボードの利用などもけんとうしましょう。

価格が高い:アイランドキッチンは他のキッチンより価格が高いでしょう。キッチンを壁つけしないことからキッチンの4面全てに化粧パネルが必要です。通常より多くの部材が必要になります。

アイランドキッチンポイント

コンセントの配置場所は事前に確認為ておく:アイランドキッチンは壁から少し距離があるためコンセント配線は設計やリフォームの階段で確認しておいたほうがいいでしょう。キッチンに連枝レンジなどの家電を置くときは置き場を踏まえてコンセントの位置やコンセントの数や容量がどれくらい必要か考えましょう。

通路幅に気を付ける:キッチン周りの通路を広くすれば動線は良くなりますがその分他のスペースが小さくなります。キッチンの本体とその背面の通路幅は動線に大きな影響があるのでどのくらいの通路幅が適当かしっかり計画しましょう。通路幅の目安としては壁とキッチンの間は80㎝~100㎝、キッチンまわりで最低は80㎝くらい確保しましょう。キッチンの動線を考えるときは、シンク、コンロ、冷蔵庫の三箇所を線で結んだワークトライアングルを意識して通路幅も考えましょう。

油はねに気を付ける:アイランドキッチンの導入を検討している片の中には油はねが気になっている方もいます。調理中の油はねは、IHコンロがガスコンロかによって空気の滞留が異なるため汚れる範囲や飛び方が変わってきます。気になる気になる場合は油ガードやコンロ前だけパーテーションを設置することを検討しましょう。

アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

 

関連記事一覧