ブログ

光の取り入れ方と窓

光の取り入れ方と窓について、窓から入る光の性質をみなさんは知っていますか?気候に合わせた家づくりが重要です。

太陽光とは、時間と季節との太陽光の関係。

東側:午前中にたくさん光が差し込みます。特に夏は早い時刻から光が入るので、シェードやルーバーによる遮光対策も必要です。

西側:昼過ぎから光が入ってきます。西は高度が低く庇などで祭儀ることができないため、遮熱タイプのガラスなどで対策しておくことが重要です。

南側:季節により太陽高度が変化します。夏は太陽の行動が高いためひさしなどをつけておくことで直射日光の侵入を防ぎます。冬は太陽の高度が低いため、ひさしなどに遮られることなく日差しを取り込むことができます。

北側:直射日光は入らず、1日を通して入ってくる光量が少ない。光の入りにくさを補う天窓がおすすめ。

窓を付ける高さで採光効果が異なります

高い位置の窓(ハイサイドライト)は部屋の表情を明るくし、低い窓は部屋に落ち着きを与えます。窓の配置を考えて光でお部屋を演出しましょう。

ハイサイドライト:高い位置から光を採り入れることで部屋の奥まで光が入りやすくなり、同じに外の気配を知ることができます。

ローサイドライト:光を床に導いて室内に落ち着いた雰囲気をつくりだすとともに視線を低い中庭に導きます。

窓の種類もいろいろと考えて家づくりを進めてくださいね。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

関連記事一覧