ブログ

窓の断熱

窓断熱材についていろいろと必要があると思います。今年の猛暑を乗り切るためにも窓の断熱にも気を配って選択する必要があります。今回は窓断熱材について伝えたいと思います。

窓の断熱

熱は主に窓から逃げて出ます。窓を断熱すれば冬暖かく夏涼しい快適な生活が実現します。窓からは、夏73%、冬58%もの熱が出入りしています。窓は外の暑さ寒さの影響を受けやすい場所。「暖房が効きにくい」「冷房にしてもなかなか冷えない」といったお悩みの鯨飲は窓の断熱性の悪さにあると考えられます。人は窓の温度を感じながら生活しています。暮らしにおいて湿度と同じくらい重要なのが周囲の壁や天井、窓などの温度この周囲のものの温度と湿度の平均値が、人が実際に感じる体感温度となるからです。特に窓は、外の冷気に触れて冷やすため室温が高くても窓の冷えによって身体の表面から熱が奪われて寒く感じてしまうのです。断熱の窓を取り入れることによって、屋外の温度の影響を受けにくくなり夏も冬も快適になります。冷暖房が効きやすいため光熱費も節約になります。少ない冷暖房エネルギーで済むため地球にもやさしい。断熱を考えた窓の選び方は屋外の寒さ暑さをシャットアウトし窓やガラスを2枚重ねにして空気の層を挟んだりプラスチック素材の窓に帰ることで一年中を通じて屋外の気温の影響を受けにくくなる窓になります。プラスチック素材を採り入れた断熱窓を設置、内窓をつけて二重窓にするそして複層ガラスを設置する事によって地球の気候などによって住まいに必要とされる断熱性能のレベルは異なります。

日射対策

夏を快適に過ごすには日差しを上手にさえぎることが大切。日差しは窓と窓の外側でさえぎると効果的。窓から入り込む西日や夏の日差しは、その太陽光の熱ばかりか、床にあたった熱が部屋の奥へ反射するなどしてお部屋全体を熱する原因になっています。日差しを効果的に遮るには、昔ながらのすだれ、よしず、ひさし、オーニングなどを活用します。時間帯によってシャッターや雨戸を閉めると良いでしょう。日射をさえぎる性能の高い窓に交換する。日射対策すると日射対策によって冷房も効きやすくなり、省エネの点でもメリットがあります。日射対策になる窓選びはガラスの性能で日射熱を効率的にカットできます。「遮熱タイプ」のガラスに替えれば日射熱を効率的にカット出来ます。またブラインド組み型のガラスやシャッターを付ければ、日射をコントロールしやすくなります。日射タイプのガラスに交換、ブラインド入りのガラスに交換、シャッター・雨戸の設置を行う事によって日射対策ができます。

騒音対策

騒音ストレスをなくして快適・快眠。昼45dB以下、夜35dB以下を目指しましょう。窓は音の出入り口になります。表に面したお部屋や寝室などには、特に音対策をおすすめします。対策のポイントは、内窓を付けるなど、ぼうおん性能の高い窓やガラスに交換することが有効です。室内の壁・天井・床の素材選びにも気を配ることが大切です。防音対策すると騒音によるストレスや睡眠不足などを解消します。ピアノの音やペットの鳴き声など室内から室外に漏れる音も有効です。防音対策になる窓選びは内窓を付けるだけで騒音が40dBもダウンします。ガラスの厚さを変えたり、窓を二重にすることで室内に入ってくる音を望ましいレベルにまで下げる事ができます。内窓を付けて二重窓にする防音タイプのガラスに交換します。そうすると防音対策となります。

アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

関連記事一覧