ブログ

パティオとは

「パティオ」スペイン語で中庭や裏庭のことその土地柄もあり、住宅内の中庭は床にタイルやウッドデッキが敷かれ噴水や植物に囲まれて居る場所です。コの字型やロの字型の盾ものみ囲まれる庭へと広がっています。現在は様々な住宅に屋外スペースパティオと呼ばれるようになりました。

中庭のある家は憧れがあるもののメリットやデメリットがたくさんあります。お家時間が多い現在は中庭のある新築は増えています。中庭をつくる際には、想定できるメリットを十分に把握し、ポイントをしっかり抑えることで不安を解決できます。パティオとは、一つの建築物の内部に設けられた壁などで囲われている庭のことです。コの字型、ロの字型、L字型の中庭があります。通風や採光の手段として使われることが多いですが最近ではインテリア性の高さからも人気があり、新築住宅などで需要が増えてきています。プライバシーを保てるという観点からでは採用する人が多くなっています。

メリット

土地が狭く近隣との拠ルが近い南側に庭を設けても道路から丸見えで落ち着かないと行った事も多くあります。プライバシーを守りつつ屋外の環境を楽しむ事ができる点はメリットであり、日本の快適性がより求められてきました。外からの視線を気にすることなく安心して空を眺めたり、光や風を感じることができる外部空間の心地良さが見直されています。中庭を介することで室内からの空間の広がりも感じられるなど中庭がもたらす室内空間の影響も大きいと感じられます。また、パティオなどの中庭は部屋や塀に囲まれているので子どもやペットが遊ばせていても道路に飛び出したり危険が無いのも安心ですね。

デメリット

パティオを作る場合、パティオ事態にかかる外構費だけでなく、建物の形状がコの字やロの字になることで外壁の表面が増えるため建築費用全体も上がります。中庭をぐるりと回遊するプランは、上部分の面積が小さくなるため、室内空間は狭くなります。生活動線が長くなり過ぎたり風通すが悪くなる場合があるため、プランニングの際は注意が必要です。掃除などメンテナンスに手間がかかります。室内とフラットな高さに出来ますが、コンクリートとタイルにする場合は水の浸入を防ぐために段差を付けないといけないので内外を行き来する上での心理的なハードルがあります。

オープンな空間で食事を楽しむ緑豊かなパティオ

パティオらしいタイルや床やレンガと塗り壁の組み合わせで、緑豊かな南欧風にした庭空間。アウトドアで食事が楽しめるようにシェードを設けて日差し対策もできます。タイルは大きさや素材管の違う物を組合わせて空間にリズムをつけている。多彩な植栽でナチュラルな雰囲気になります。

プライバシーに配慮したモダンな空間

南欧風でなくシンプルモダンテイストのパティオ。パティオを中心にほぼ平屋のコートハウスとすることで、将来にわたって周辺環境の変化に左右されないバリアフリーの安心安全な暮らしを実現。ペットをパティオで遊ばせても安心です。

パティオの過ごし方

ランチやお茶を楽しみたい、ガーデニングを楽しみたいなどまずパティオでどのように過ごし片を明確にしましょう。大きさやカタチ、位置、部屋との県警背を考慮して風や光の入り方をイメージしながら「日当たりが良く活動的なイメージのパティオは南向き」太陽に照らされる夏場は、熱が溜まり表面気温が上昇しとても暑くなります。室内環境も悪影響を与えてしまします。オーニングやパラソルなど日陰をつくる工夫をしましょう。

贅沢なパティオのある家。最近おうち生活が長いためパティオでくつろぐ家族の時間が重視されています。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

関連記事一覧