ブログ

見せる収納について

見せる収納とはお気に入りのアイテムなどをきれいに並べておく見せる収納にあこがれる人も多いかもしれません。生活感がでてしまったり、使い勝手が悪くなってしまったりすることがあります。収納整理をしながら見せる収納をして好きなアイテムがいつも目にしながら生活したいですね。

見せる収納

手持ちの物をオープン棚やラックに奥だけでできる収納方法。またお気に入りのものをケースやかごなどにいれておくのも見せる収納のひとつです。

見せる収納メリット

いつも見える場所にあり、物の出し入れをしやすい:見せる収納はいつでも物がどこにあるかがわかり、出し入れしやすいというメリットがあります。キッチンツールや文具など普段使いする物をどこかにしまい込んで見つからないという経験がある人は多いでしょう。見せる収納であれば、何がどこにあるかが一目瞭然でわかり管理しやすいメリットがあります。調理器具が天井のレールから吊り下げられ、すぐに目につくところにあります。また、スパイス類はマグネット月で透明な蓋のあるケースに入れて冷蔵庫に貼り付けています。使う頻度の高い物こそ、気に入った物を選んでよく見えるところに置いておくと良いですね。まな板やお玉鍋つかみといったキッチンツールはただつるしてあるのではなく一つひとつ置き場とスペースを決めています。使うときに取り出しやすく基の場所に戻しやすいでしょう。

物の置き場所を決めやすく移動しやすい

戸棚などの隠す収納は一般的に大きなものや作り付けのものが多く一度設けると動かしにくくなる場合があります。見せる収納は物を置く場所を決める事も移動することも簡単です。作り付けの収納や大きな収納家具を入れてしまうと決まったスペースの中で収納をきめていかなければなりません。見せる収納の場合は収納ボックスやフックなどの収納用品を後から足していくので、移動しやすく場所も好きに決める事ができます。暮らしていると物は増えたり減ったりします。見せる収納は生活スタイルの中で附歴史部に対応できます。

好みのテイストや個性を反映しやすい

収納するもので好みのテイストを演出できるのも見せる収納のメリットです。「見せる収納にすれば、収納するマグカップや文房具などよく使う物を好きなデザインのものにして自分らしいセンスを演出しながら実用的に収納します。よく使う物こそ自分湖のみのものに選んで飾るように収納するとおしゃれに見えます。見せる収納のためには、普段使いのものこそ妥協しないように選びましょう。季節や気分によってインテリアのテイストを替えたり思ったときにも見せるしゅう脳をそれに合わせて収納する物を替えることで簡単に模様替えできます。夏なら涼しげな素材、冬なら暖かみのあるアイテムを収納棚に集めると季節感があります。収納ボックスや色合いや素材を返れば部屋の雰囲気も変わると思います。

見せる収納のデメリット

部屋が乱雑に見える:見える収納だからと何も考えずにオープンにしてしまうと見せたくない物が見えてしまって散らかっている印象になってしまいます。人の視線の動きを利用為てインテリアをレイアウトするとテクニックがあります。空間を見たときの視線に合わせてインテリアの配置を考えると部屋全体がスッキリと見えます。人はまず正面を見てそのあと左~右に視線が動くという修正があります。印象の強い正面と左の壁面に目立たせたい物をおき入って右の壁面には目立たせたくない物を置くと配置がおすすめです。部屋の右に乱伐になりがちなものをおくように配置を換えることはできます。

インテリアに使う色が多くなりがち

インテリアをおしゃれにまとめるために外せないのが色選び。見せる収納の場合は物の色がそのまま目に入るため入りが多くなります。色についてどのようにコーディネートするとおしゃれになるでしょう。「色彩管理はたいせつです。換えや床など色を変えられないものをベースカラーといいます。部屋の中で色の面積を多く所有します。それに添って収納グッズを揃えると部屋になじみやすく部屋がすっきりと見えます。収納グッズを活用する方法以外にも容器を詰め替えて色を変えたり布やカバーをし色を変えたりと工夫すれば収納も楽しくなります。

ボックス収納の中野収納ができない

収納ボックスを活用すると色を合わせやすくなりますが、開いているところにとりあえずものを入れたまま忘れてしまうこともあります。何が入っているかわからないボックスができ使い勝手の悪い収納になります。1日一回開けて整理をしましょう

見えているところにほこりがたまりやすく掃除が手間に

見せる収納だと棚に飾ってある物や見えるところに埃が溜まりやすいイメージがあります。ほころは、見せるしゅうのうでなくてもどこでも同じように積もります。そこで積もる場所を減らす億物の適正量を守ることが大切です。飾りたい物やコレクションで小さい物や細かな物は透明ケースなどに入れ保管しましょう。

ものが落ちやすく地震対策を

見せる収納は物が取り出すが地震の時には物が落ちてこないか不安になります。落下対策をしましょう。見せる収納で物を積みすぎると危険です。奥行きのないところにおいてしまうと自身に弱くなります。見せる収納の場合は重い物を下に軽い物を上に置くようにしましょう。キッチンの食器棚には滑り止めシートを使い収納棚の上部と天井の間は突っ張り棒をたてて固定するといいでしょう。

ベースカラーと収納グッズの色を合わせる

色を抑えるポイントはお部屋の中で替えられない部分のベースカラーに色を合わせてその色に収納グッズの色を合わせるとインテリアになじみます。そしてスッキリと見えるでしょう

使う頻度の高い物を取り出しやすい所へ

よく使う物使う頻度の高い物を手に取りやすい所におくことです。棚の手前に置いたり壁に吊り下げておいたりするのも良いでしょう。収納ボックスに入れる場合も使用頻度の高い物と低い物に分けて使用頻度の高い物を取り出しやすい場所に置くといいでしょう。

家にある物の定数を管理

物が多すぎないと言うことも見せる収納には重要です。収納ボックスに入れるべき物が溢れていたり、棚にギュウギュウに物が詰め込まれていてはお洒落に見えません。収納部分も空間を作り80%くらいの収納にしましょう。

アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

関連記事一覧