ブログ

後悔しない家づくり

収納に関する家づくりの失敗と後悔

居住スペースを広く保つために必要な収納。家族の生活スタイルに合った機能的な収納を作りたいですね。家づくりの失敗例をあげてみました。参考にしてくださいね。

失敗例

洗面脱衣場にも収納を作る必要があった

リビングやダイニングに収納スペースが足りない

子どものための収納スペースが足りない

サイズが合わず布団がクローゼットに収納できない

床下収納を作ったが上手く使いこなせない

収納の扉が開けにくい

対策

収納について検討する際ライフスタイルに合わせて収納の広さや配置を考慮する事が大切です。現在のライフスタイルだけでなく子どもの成長など今後の生活にあたってどのような収納が必要なのかしっかりと考えましょう。収納はたくさん欲しいと考える人が多いのですが、収納を増やせばその分部屋のスペースが狭くなってしまします。収納は扉の開閉方法や開く向きによっても使い心地が変わりますので、収納するものや家事の動線に合わせてしっかりとチェックしておきましょう。

部屋の広さに関する家づくり

その部屋の使用目的に合わせた広さがないとせっかく作ったのに快適に使えなくなってしまいます。あらかじめ考えておきましょう。

失敗例

リビングの広さが広すぎたため真夏や真冬冷暖房の効き目が悪く光熱費が高い

キッチンが狭く、家族とすれ違い時身体が当たる

寝室が狭くベッド以外の物が置けない

思ったように家具を配置できない

作った部屋が予想以上に狭く、使いづらいため物置場になっている

ロフトを作った物の子どもには危ないので有効活用できていない

対策

部屋の広さを考えるときに大切なのは、家具や家電の配置を最初に考えておく必要があります。家具を配置してみると思いのほかスペースが少なかったというケースもあります。どこに何を置くかをしっかりと考えておくと失敗がないでしょう。また、部屋の広さは実際に使う場合を想定して考えるのがおすすめです。リビングの広さなら「家族が今後増える予定か」キッチンは「一人で料理をすることが多いか、複数人でりょうりをする事が多いか」などライフスタイルに合わせて考えましょう。将来、来客の頻度が多い場合は来客をもてなす場所があるかや将来子どもが成長しても大丈夫な広さがあるか、歳をとっても住みやすい広さであるかといったことも重要になります。

音の伝わりに関する家づくりの失敗と後悔

家の中での物音や近隣住宅との騒音トラブルなど音海関する後悔も多くあります。音を深いに感じるかどうかは人それぞれですが、できる限りの対策はしておきたいところですね。

失敗例

寝室が道路に面していて外の物音や車の走行音が気になる

子どもの部屋で足音や声が響いてうるさい

乾燥機や食洗器の音が寝室に響き、夜使うことができない

吹き抜けにしたが、音が響きやすく階段を上回る足音が気になる

浴室と隣の窓が近く音が外に聞こえてしまう

対策

家族の足音や家電の動く音、浴室やトイレの排水音など家の中ではさまざまな生活音が発生します。あらかじめ音が発生するであろう部屋や設備の発生をピックアップしておきそこがリビングや寝室などに接近していないかチェックしましょう。また、日中は気がつかないちいさな音でも夜になると耳に響くということも少なくありません。電気代の少ない夜間に家事をしたい、夜は静かに過ごしたいなど夜間の生活も考えた上で家づくりをしましょう。

アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

関連記事一覧