ブログ

失敗しない家づくり

配線について

電気配線などコンセントの位置やコードの配線についてもいろいろと失敗例があります。その場所で使う家電だけでなく、掃除などのことも考慮してましょう。

失敗例

数ばかりを重視し、使い勝手を考えなかった

配線を隠したいと見えない位置につくったら掃除がしにくい

調理家具を使いたいときにコンセントが足りず延長しなくてはいけない

テレビボードから配線までが遠くコードが長くなってしまった

玄関を広く作ったのにコンセントがなく掃除がしにくい

対策

部屋の間取りが決まったら家具や家電の配置を考えて必要な数のコンセントが想定されているかを確認しましょう。季節や子どもの成長によって使う家電も変わってくるので常時接続しておくものと時々つかうものとをピックアップしておくことも必要です。コンセントの位置は抜き差しがしやすい場所にあるか照明のスイッチはドアや家具の裏など使いづらい位置になっていないかなども重要なチェックポイントです。生活動線や使う人の要望を聞きしっかりと確認しましょう。エアコンの設置を考える場合はエアコン用のコンセントも必要なので設置場所もしっかりと考えて予めきをつけましょう。弊社は、コンセントの位置や電気のスイッチは現場で一つ一つ確認します。

明るさについて

太陽の光をうまくお家に取り入れると、明るく暖かい家になります。方角や窓などにもこだわって間取りを考えましょう。

失敗例

昼間でも玄関が暗く靴の脱ぎ履きがしにくい

北側の部屋が暗く、日中でも照明が必要

昼間はまぶしくてテレビが見えづらい

明るい部屋に明るいトップライトをつけてしまい使う機会が少ない

リビングに大きな窓を取り入れたが外からの視線が気になる

光が入りすぎて家具の日よけが気になる

対策

玄関やリビングが倉井と光熱費がかかるだけでなく、家族の気分も左右しかねません。光の入り方は時間帯や季節で大きく異なります。家族が家で過ごす時間が多いのか外出していることが多いのかによって間取りや窓の配置を考えるようにしましょう。窓は部屋の明るさを大きく左右します。大きさだけや数だけでなく、種類にもこだわりましょう。磨りガラスや天井に近い高所窓を使えば外からの視線を防ぐ事ができます。適度に明かりを取り入れられるようになります。

暑さ・寒さに関する家づくり

部屋をどのようにつくるかによって冷暖房の効きやすさや夏場の熱のこもりやすさなども影響が出てきます。気密性や断熱性が高いことにこだわるのももちろん大切なのが冷暖房機器なども工夫できます。

失敗例

リビングダイニングが吹き抜けのため冷暖房が効きにくい

採光を重視して大きな窓設置したら、部屋が暑くなりやすくすぐ暑くなる

憧れのオープンキッチンにしたが熱がこもりやすく部屋がすぐ暑くなる

広々とした間取りにしたがエアコンが部屋も隅まで届かず寒暖差がある

対策

快適さを求めた間取りが逆に暑さ、寒さの原因になってしまうことがあります。暑さ、寒さの原因となる間取りを避けるには日当たりや空気の流れなどを考える必要があります。吹き抜けの場合は暖かい空気が上に上がりやすいため天井にシーリングファンをつけて空気の温度を調整するのがおすすめです。断熱性能や気密性能をアップさせる工夫をしているので上手く活用しするといいでしょう。冷暖房器具も想定しておく必要があります。オープンな間取りは冷暖房

器具が効きにくいことが多いです。適切な位置に設置されているか広さにあったものかを事前にチェックし必要ならば仕切りを使ったり、床暖房を入れたりと工夫するといいかもしれません。

アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

関連記事一覧